俺妹7巻感想+@

漫画
ネタバレありかもなんで見たくない人は戻った方がいいと思うよ!
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈7〉 ((電撃文庫))俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈7〉 ((電撃文庫))
(2010/11/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る

新刊が出てたので簡単に感想を、今アニメ化もされて勢いがすごい作品です。


始めに感じた印象としては白猫巻でした。黒さがなくなった猫さんはほんま白くて眩しいわぁ・・・可愛かったですよとても可愛かったです。
なにかのフラグなんじゃないかと思ってしまうくらいに
次に残った印象はやたらお兄さんがはっちゃけてたこと。
この妹をして「あんたいつの間にか変態になってない?」と言わせるほどでした。でも普段から変態呼ばわりしてたような気も・・・まぁいいか。
あとはいつもどおり衝撃のラストがあったけど今回はそんな驚かなかったり・・・そんなことより地味子さんです。
私は地味子さんが最強のラスボスだと信じてます。頑張れ地味子負けるな地味子、今回セリフ2(3?)個しかなかったけど泣くな。挿絵があったのがまだ救いか、地味子好きとしては超泣けた。
あと妹さんがまた兄とぶつかってたけど、この妹さんがなにを主張したいのかさっぱりわからない。
以上、俺妹7巻のてきとうな感想でした。

他に読んだ人がいれば感想が欲しいけどたぶんいない予感w


+@
俺妹7巻と同時に買ってしまった本、「ミミズクと夜の王」の続編です。
毒吐姫と星の石 (電撃文庫)毒吐姫と星の石 (電撃文庫)
(2010/11/10)
紅玉 いづき

商品詳細を見る

前作を読んだ人がいるかわかりませんが、とても綺麗なお話です。
読み終わった後にホッとしました。王道で一本筋なストーリーはすばらしいと思います。
デビュー作であり、この本の前作である「ミミズクと夜の王」と共にオススメしたい作品です。
色々疲れたときに読むと泣けるかも、前作は3年前に出てるので中古本を見つけたら買うのもアリです。
あくまで個人の感想だけど損はしないと思いますよ!
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。